CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めての研ぎ出し

先週晴れた日にたっぷりクリアを吹いて2~3日乾燥させました。
よし、研ぎ出しなるもの初トライしてみるかと、
とりあえずリアカウル2000番のペーパーかけて
タミヤのコンパウンド粗目、細目をかけてみました。
う~む微妙。部分的にツヤツヤ。部分的にモヤモヤ。
強く擦った方が良いのか、軽く擦った方が良いのか。
円を描くように磨いた方が良いのかなど、考えながらやっておりますと。。。

また、例の部分がポキ。今更ポキ。ここまで来てポキ。
裏から更なる補強をしたのにポキ。
少し凹んでいると普段はプラモに興味を示さない長男が
「パパ~その赤すごく綺麗な赤だねぇ。」と
その一言で元気百倍アンパンマン!
知らなかった事にしてこのまま進めます(爆)。

しかし、そんな長男の一言で気を良くしてしまい
まだやらなくて良いのに、リアカウルの裏をエナメルの筆塗りでペタペタ。
おお~良いじゃん!なんて悦に浸りながらリアカウルをタオルの上におき
そのまま寝てしまった訳です。
目を覚ましてリアカウルを手に取ってみると、
せっかくツヤツヤになった部分が!所々タオルの生地の痕が!
0621-01.jpg
ホコリの様にポツポツ白くなってる所が痕です。
ガ~ン。
まだ乾いてなかったんだ。また2000番のペーパーからかけ直しです。
こんなんで、更に時間がかかっております(笑)。
更に、分厚くウネウネのクリアパーツ。こちらもペーパーかけてみました。
更にこちらはクリアに磨ぎ出すのが難しい。
なかなかペーパーのキズが消えません。
0621-02.jpg
左下のライトカバーは研く前の物です。

毎度教えてちゃんで申し訳無いのですが
研ぎ出しの仕方、ご教示いただけないでしょうか?
クリア吹いてからどの位乾燥させてから研ぎ出せば良いのか
どの位の力加減でコンパウンドをかければ良いのか。
鏡面仕上げにする根性も精神力も持ち合わせておりませんので
この位で良いんじゃないレベルの研ぎ出しの仕方を教えていただけると、
この先もう少し頑張れます(笑)。
つうか、クリアパーツが曇ったままじゃヤバイんです(汗)!!!

| プラモデル | 10:49 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。