CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言い訳

結局1ヶ月更新出来ませんでした。
どうなったのかと気にかけてくださる方もいてくださるので
現状を報告しておきます。

まだまだ悲しい気分の途中なので写真はありませんw。

前々回の通り何も知らずデカールが溶けないと店員に聞き水性クリアを購入。
クリア→タオルの痕事件で失敗。

皆様のアドバイス通りラッカークリア上塗りでバッチシ乾燥!
研ぎ出し!良い感じ!
おっどんどんキレイになってくる!
これはコンパウンドかけたらツヤツヤになるだろうなぁ~と妄想していました。
ここでまた経験無いものに手を出さなければよいものを!!!
「ラプロス」が良いと小耳にはさみ即購入!
しかし、これがまたトラブルに!2400→4000→6000→8000番まで行ってから
細かい傷がどうしても消えなくなってしまいました。
コンパウンド→コーティングポリマーをかけたものの全く効果なし。
仕方なく再度ラッカークリア!シャビシャビだ!やっぱりオレはコレで良いのだ!
しかし、コンパウンドの油分が洗い流し切れていなかった部分があり
クリアがはじかれてヌマヌマな感じに。(もう爆笑しかないでしょ。何やってんだオレ!)
(もう二度と研ぎ出しなんてやらないんだから!)
もうこうなったらクリアをカチカチに乾燥させて
ヌマヌマになってしまった部分を研ぎ出しし直す事にします。
(ヌマヌマってどんな表現だ!?)

ただでさえ、研ぎ出しが嫌いなのに。。。
同じ事を繰り返している事で嫌気がさしてしまい
いざ続きの模型を目の前にすると、
どよ~んとした重い空気が漂い5分くらいで手が止まってしまいます。

とは言うものの何かしら弄りたくてせめて気分変えながらと
33と131を交互に研ぎ出していたのですが(やってる作業は同じなんだけど)
気がつくとカドが出まくってしまったり、(またテンション下がるし)
33のインテーク部分のメッシュを合わせている間に
塗装が欠けたりと何から何まで踏んだり蹴ったりなんです。(もうイヤだよぉ~)

ハセガワのモデリングメッシュPA-23を使っているのですが
缶のメタルプライマーを吹き(この時点でメッシュに目詰まり)
セミグロの缶スプレー(更に目詰まり)
目詰まりした穴を細い針で穴を開けるも数が多くてイライラ。
しまいにはガッツリ塗装が剥げてしまいました。
(これがだめ押しでやる気を無くしました。)
プライマーってのは、軽く乗ってれば良いんでしょうか?
目詰まりするってのは吹き過ぎているんでしょうか?(やはり何度も軽く吹くべき?)
あ!ひょっとして!メッシュにもペーパーかけなきゃ駄目なんですか?
(そんな基本的な事かもしれない!)

ゴールは見えて来ているので、何とか完成させねばと思っているんですが
こんな感じで、なかなかはかどっていません。

今日は涼しいから頑張ってみようかな。。。
スポンサーサイト

| プラモデル | 12:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。