CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事件です。

と言うか。。。  絶句TOKYO。

先日、吐き出した言い訳のおかげで少しやる気になった訳です。
久しぶりに涼しかったし。

シールドゴムを再現するのにマスキングして、
フラットブラックの缶スプレーを吹きました。
若干、Rの辺りが漏れていたのですがまぁまぁの出来。
メタルルックを貼って、ギラギラ具合と多少の凸凹は
目をつむりながらも大旨満足。
0801-01.jpg
エンブレムの自作デカールも痛々しいんですが。。。まぁ雰囲気で。

さぁ、クリアパーツをはめ込みますか。
とリアウィンドーをはめ込んでみると。。。
バチっとハマりません。
とりあえず、下の方をGクリアで接着して乾燥してから
上の方をはめ込むかと。
乾燥後押し込みました。それほど力を入れたつもりはなかったのですが。

バキ。

・・・・・・・・・・・・・・。

今まで何度も折れた部分。
思わず変な声が出ちゃいました。
「ウゴゥワグっ!」北斗の拳みたいな声。

最後の最後にまたココかい。
しかもバラバラじゃん。
もげていないのは裏から洋白板を貼っているからです。
強度をあげることにはなりませんでしたね。


もう今となってはヘコタレマせんよ。
0801-02.jpg
クリアパーツの仮組ってものを忘れたました。
ボディを組んだ時は仮組すら知らなかったのですが。。。テヘ。

はいはい。ウィンドー外して
またくっつければ良いんでしょ。
0801-03.jpg
一生懸命貼ったメタルルックも剥がしてやりました。

0801-04.jpg
折角良い艶が出せてたんですけどね。。。
もう吹っ切れました。
ガタガタボロボロですけど、このまま進めます(笑)。

まだまだ色々ありそうですね。ププ。

| プラモデル | 20:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。