CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暇な訳ではないのですが。。。

1月までの様に朝から夜中まで全員がフル稼動しなくても良くなった事もあり。。。
(この位の仕事量で毎月の売上げがキープ出来れば最高なんですが。。。)
ほぼ毎日、スタッフが来る前と仕事が終わってから何かしら弄ってました。
エスパス。ある程度地味な雰囲気にしたく店頭の缶スプレー棚の前で悩む悩む。
これだ!って色がありません。
渋~いちょっとくすんだゴールドを目指したのですが
結果は大阪のオバチャンが好きそうなゴールドに。
222-01.jpg
222-02.jpg
写真ではくすんでて、まぁまぁに見えるのですが実物はキンキンです。
で、その上にスモークを吹いたのですがタレまして。。。
また金を吹き直し、ボテボテのボディーに。
コヤツだけはシンナー風呂へ行かせる訳には行かないので
(パテやり直す気力がございません)
カッパー(笑)目指してクリアオレンジをタレないように重ねました。。。
が、タレました。
何とかリカバリーする方向で。。。
ライトブラウン吹いてからメタリックを軽く吹けば良かったのかも。

プチギレしかかったので、プラ板を重ねてゼロハリ風スーツケースの工作しました。
222-03.jpg
まぁまぁカラッポよりは雰囲気は出るでしょう。
こう言う工作は楽しいです(笑)

先日、新橋のタミヤショップでエアブラシの体験をして来ました。
今のコンプレッサーって静かなんですねぇ。。。
今回の事もあり、少しだけエアブラシが欲しくなりました。
でもメンテナンスはメンドクサイしなぁ。。。むむむむ。。。

そしてそして作りかかっていた43のSZを差しおいて。。。
222-04.jpg
43のGTAm。
ヤフオクで落札したかなり古いプロバンスの作りかけの中古品ですが
デカールはしっかりしていたのですがデカールが堅くて
ボンネットのデカールで蒸しタオルやっても全く馴染まず
マークソフターでボロボロに。
缶スプレーで塗り分け、黒いラインは0.4mmのラインテープ。
クリア吹いて手抜き研ぎだしへと進みます。

更にこれまた43のSZを差しおいて、宝物のジョーカー24のSZ。
222-05.jpg
どんどんレジンの劣化が進んでいる気がします。
とりあえず、仮組してみるか。。。と取り出してみると
シャーシーもバラバラで組立てねばならず。。。
しかも反りまくってる。
お湯で形を整えながらもエポキシでの接着では
糊シロが少な過ぎて強度が保てません。
0.8mmの穴を開け真鍮棒で固定しまして何とか。
222-06.jpg
で、先に進もうと思ったんですけどレジンのパーツの多さに閉口しまして
再び箱の中に戻しました。
ボディはピラー4箇所で切断してリフトアップしないと駄目そうです。
まぁペッチャンコのアルファは得意中の得意なんですけど。。。
(象に踏みつぶされた様なT33も作りましたから)

フルビアも密かに塗装完了。デカールも貼り終わっております。
こちらは次回ご報告します!たぶん。。。
スポンサーサイト

| プラモデル | 12:26 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。