CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どんどん行きますよ~!

年末進行で予定していた仕事が遅れに遅れ
11月はほとんど棒に振ってしまいました(´Д` )
売上的にはピンチなんですが、時間が出来た分プラモ製作に…
皆さん言われる通りグンゼのSWBはボディの幅が広すぎる様です。
在庫(またお手つき物件)のGTOとの比較。

写真では差がわかり難いのですがフジミのGTOと比べると5mm~6mm位、
真ん中をぶった切ってつなげたい位横長のワイドボディです。
250GTOのショートホイールベースな訳ですから車幅は同じ筈。
これじゃ250SWB-WB(ショートホイールワイドボディw)
たかととさんなら絶対に手を入れるポイントなんでしょうけど、
僕には出来ません。シャーシはホワイトメタルだし(爆)
今回このSWBでやりたかったのは、給油口の位置変更と
リアホイールアーチのリップ製作。
Coppaで見たコンペ仕様のSWBのイメージです。
ほんのりリップがついていたのですが、あまり上手く再現出来ませんでした。

(実はもう1台在庫しているのですが、作りません。作れません)
本当はアウトレットの別体化や内側の穴も作り込みたかったのですが、
スジ彫ったり、お湯まるで型を取ったりしてみましたがイマイチ。
このままでは先に進まない気がしたので封印してしまいました。
(色々弄っている間にリアのアウトレットはモールドが緩くなってしまいました)
ボディ下部のジャッキアップポイント?と
ボンネットのキャッチピン等の再現は何とか頑張ってみます。

ズレ込んでる仕事がドタバタ始まってしまう前にどんどん行きますよ~!
スポンサーサイト

| プラモデル | 20:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。