CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後…

たかととさんにいただいたユニオン(エレール)のA110。
正に作ってみたかったけど買わなかった一品でした。
いただいたからには来年のテーマとして完成させねばなりません(嬉)

取り急ぎ見た目でひけてる部分といきり立ってる峰に溶きパテ。
上下分割されてるフロントフェンダーもシャーシから切り離して一体化します。
折角いただいたキット。上手く作りたいなぁ~(´Д` )
カラーリング…悩みますね~~(´Д` )
たかととさんと同じか、イエローバージョンか。
それともオフホワイトのストラダーレ。
う~~ん…悩みます…(´Д` )

これはカッコ良く作りたいなぁ~(´Д` )

大きいパンテーラのエンジンカウル。
洋白線を這わせただけでは心配なので、裏からプラ板で挟む事にしました。
少し分厚くなってしまいましたが、もう折れることは無いでしょう。

これが最後の溶きパテ!と今回はほぼ1週間乾燥させました。
丁寧にガシガシと段差を削り800番~1000番のペーパーで整えました。
が!接合部分にクラックが入ってしまい、そこだけ溶きパテを。
また1週間待つ事にします(爆)
その間に他の部分の下地にミスが無いか確認。
次こそは本当の最終サフへ持って行ける様に更に慎重に作業する事にします。

で、シンナーのお風呂に入っていただいたエスパスなんですが
ここで重大発表!
何と!エスパスオープンにしちゃいましたぁ~~!!!


いえいえ。また大嘘です。
ルーフのデコボコを整えようとポリパテ塗りたくって乾燥。
イザ!ガシガシとサンディングしてましたらば
「ミシ」っと嫌な音が。
それほど強い力で研いでいた訳では無いのですが
一番後ろの太いCピラー?がバキっと。
「ありゃ~~~~」と折れた状態でルーフを持ち上げたら
Aピラーが!「ありゃ~」今度はBが!「何?今度は反対のCが!反対のBも!」。。。
「ええい!どうせ折れるなら外してしまえ!」と
一旦、ルーフを分離してしまいました。

こう言う時に「シュボ。ス~~~っ」と煙草が吸いたくなりますね~。
(折角やめたので吸いませんが。。。w)
※因にアバンギャルドなMr.Mさんは「いっその事オープンとか!」とおっしゃいましたがシマセン!w
やはりシンナー風呂が原因でしょうか。
それほど長い時間漬込んだ訳では無いのですが。。。
(ツールクリーナー風呂で嫌な思い出があるので、忘れないように心掛けておりました!w)
古いレジンキット。歪みも凄かったし、レジンの質も良く無かったんでしょう。
ちょっと前の自分なら、また止まってしまっていたかも知れませんが
冷静に。賢人の皆様からアドバイスを貰い瞬着でガッチリ接着。
(接着している事を願ってw)
43の細いピラーですが真鍮線等で補強しておいた方が良いですかね?

KENTのGTAmは黒デカールを切り出して何とか(笑)

少しガタガタしてますが、気にしない(´Д` )

とりあえず今回は停止はしてませんよ!のご報告でございました。

何故かPCでのBlog管理画面が表示されないので、取り急ぎiPhoneからの更新です。
後ほど整理します!


そして、こんな事も㊙︎プロジェクトとして…(笑)

モアレってる…(´Д` )

| プラモデル | 23:51 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。