CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遂に…

大きいパンテーラは「何でソコ気がつかないかなぁ~~?」と言う
下地のミスがアチコチで発覚。
もう一回~二回くらい修正して最終サフへ行けるでしょうか。。。
R8239607.jpg
エンジンカウルもまた隙間が出てしまっています。。。
ここにこれ以上時間を費やすのはどうなのかと自問自答しております。
R8239608.jpg
(カウル開けたままにしちゃえばわからないじゃん!w)

盛り上がっている43マルティニカラーとはうって変わって
超地味な43エスパスは瞬着で合体後、
スジ彫りをやり直していますがルーフのRがついている部分のスジ彫りが
ヨレヨレになってしまったので再度パテ埋めし直しています。
R8239609.jpg

たかととさんからいただいたエレールのA110。
ボディーの修正をしつつ、やっぱり臓物に手を出してしまいました…(´Д` )
ネットで画像を検索しつつ、たかととさんのエンジンの手の入れ方を参考に。
キットはデスビとプラグコードが一体化した黒いゴム。
R8239606.jpg
デスビは見えなくなりそうなのでプラグコードだけ色塗ってお終い!で
良かったのですが。。。
プラグの刺さる部分の黒い円状のゴムパッキン?部分を
ハセガワのつや消しシートをポンチで抜いて輪切りに。
R8239599.jpg
真鍮パイプを刺すまでは、いい感じだと思っていましたが
パイプを差し込むと一緒にシートも潜り込んでしまいました(爆)
一番薄いプラバンをポンチで抜いて再びトライ。
R8239600.jpg
所々割れたり歪んだりしてますがこのまま進めます。

エキマニは木工用ボンドを水で溶いて、細切りにしたテッシュを巻いてみましたが
手間のかかる割には効果が無く途中で止めて白サフに仕上げる事にします。w
ガーゼ等の方がそれっぽく見えたでしょうか。。。
R8239604.jpg
エアファンネルもキットの成型がイマイチだったので
以前アクセサリーパーツ屋さんから取り寄せたハトメに置き換えます。
形状はキットママの方が雰囲気なんですが、金属感がピリっとしますね。
R8239603.jpg

と、まぁ相変わらず既にやり散らかしている感じですが
上手い下手は別にして好きなんですね。こう言うチマチマ作業が(爆)

今の所、色々と手を出しても同時進行出来ています。(たぶん大丈夫!w)
でも先ずはパンテーラの完成が第一優先!

最後になりましたが、遂にエアブラシ購入しました!パチパチパチ。
アマゾンで購入をと考えていましたが、
待てよ?ヨドバシのポイントを使った方が安いじゃん!と
急遽、秋葉原のヨドバシで声をかけた店員がエアブラシに詳しく
自分の使い方と予算を伝えると「この組み合せがベストですよ!お客さん!」
だそうです。とりあえずハンドピースは最初に良い物をと。
(Mr.Mさんオススメのハンドピースも購入する予定ですよ~w)
R8239605.jpg
既に皆さんは普通に使われている物ですから、大袈裟な物では無いのですが
まぁ~悩みました。本当に使いこなせるんだろうか?
メンドクさくなって缶スプレーに戻るんじゃないか?云々。。。
で、さっそく使ってみたかって?

ええ。水を入れて半紙に吹いてみましたよ(爆)
(まだ室内で塗料を吹くのが抵抗あるみたいですw)
スポンサーサイト

| プラモデル | 08:05 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。