CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンテーラ格闘中!

あれ?昨夜更新したつもりがアップ出来ていませんでした(´Д` )

また少し時間が開いてしまいました。
亀スピードで色んな物を進めておりましたが
自分のBlogの更新まで気持ちが行きませんでした。
やっとパンテーラがある程度のカタチまで見えて来たので
パンテーラの完成を優先させて進めようと考えております。

前回、エンジンカウルの折れたヒンジですが
仲良くさせていただいてるMr.Mさんとひろポンさんから
対処方法のアドバイスをいただきました。(コラ!ずいぶん前だゾっ!w)
ひろポンさんからはメール添付でわかり易いイラストでの説明まで!
DSC_6781.jpg
どれも難しい。。。
精一杯丁寧に1mmプラ棒で軸を打つって接着。
更に念の為にエポパテで周りに土台を盛りガッチリ固定。
DSC_6783.jpg

DSC_6784.jpg
何とか上手く出来たようです。

この車の特徴的なシュノーケル。
DSC_6787.jpg
吸込んだ空気をエンジンルームに送る為の物だと思うのですが
ルーフ下に付くパーツがあります。
キットによっては車外に付いているのですが、このキットは室内に。
チープな作りなのでオミットしっちゃっても良いかな?と思っていましたが
プラパイプでサイズが丁度合う物があったので、
元のパーツに差し込んでボリュームアップしてみます。
(あんまり見えないと思うけど。。。)
DSC_6803.jpg
これでやっとボディ内側にエンジン部分を接着出来ます。
(もう少しで完成だっ!!!)






DSC_6798.jpg
アレ?

取れちゃった。。。
エンジン部分の取付ける時に何度もエンジンカウルを開け閉めしてたらポロっと。
だから前の写真のエンジン部分の周りがキチャナイんですね。
エポキシで接着していたので外せて良かった(爆)

これでBlogの更新が止まってしまった気もします。
あれだけ丁寧に接着したのに。。。(自分なりにですけど。。。w)

これ以外にも色々やっちまってるんですけどね。。。
丁寧さが足りないのか。。。トホホ。。。
スポンサーサイト

| プラモデル | 08:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。