CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジミー

コツコツと進めてはいます。
ジミーに地味に…(´Д` )

A110はAピラーの幅を整え、ドア前方の切り欠きをR状にスジ彫り直し。。。
綺麗にRをスジ彫り出来ません。もう少しやり直してみましょうか。。。(´Д` )
曖昧でヨレヨレだったレインモールも削り取り
エバーグリーンの0.2mmプラ棒を貼り付けてゆる~く再現してみます。
DSC_7882.jpg

フロントのメッシュ部分のモールドも穴を開けてしまいました。(また余計な事を…(´Д` )
DSC_7817.jpg DSC_7879.jpg

テールのナンバー灯の部分も四角く掘り下げてみました。(これまた余計な事を…(´Д` )
DSC_7818.jpg DSC_7881.jpg
リアカウル両サイドのエアインテークの形状。ここはずっと苦労してます。
インテークの内側にプラテープ貼ったりしてみましたが
形を整えている間に欠けたり削れてしまったりと、何度やり直した事か(´Д` )
しかもインテーク部分の特徴的なメタルのフィンはキットには用意されていません。
コンペ仕様には無かったりするのでしょうか?

さて手を出してしまったベルグのGTA。こちらも進めておりました。
レジンクリーナーにつけて洗浄後、サフを吹いてみると
所々に細かな気泡とモールドの欠けが見つかりました。
ポリパテと黒瞬着で整えて、もう一度細部を確認して塗装に入れるかな?
おっと!ここまではTiも同時に作業していたりします(笑)
(同時製作となるかはわかりません)
挽き物類の組み付け位置の確認が出来たら最終サフでしょうか。
DSC_7825.jpg
この通りドアの内張りはボディ内部にモールドされています。

これを塗り分けるのは難しいかな?と「おゆまる」で型を取り
ポリパテで複製してみましたがどうもイマイチ。
DSC_7829.jpg

切り離して塗装後に再度接着する事にします。(また余計な事をやってる!)
DSC_7832.jpg
気がついた人がいるかも知れませんが、4枚ドアですね(爆)そ~です!Ti Superですw。

おい!GTAじゃないのか!!!
DSC_7837.jpg
ちゃんとGTAもやってますよ~~~。ここまで同時進行。←オレ凄い頑張ってるw
切り離してみたものの。。。ん~スクラッチしてみるか。。。?
スクラッチした方が雰囲気は増す気がしますが、また時間がかかりますね。
(どうせあんまり見えないし)
GTAもTi Superもバンパーレスにしますが
バンパー穴?の中に真鍮パイプを仕込みます。
けん引フックは真鍮線を丸めてハンダで接着してみました(むむむ難しい。。。)
DSC_7821.jpg
まぁ自己満足の世界です。
普通にけん引フックを差し込むだけにしようと思っていたのですが
真鍮パイプを埋め込む事であんな事やこんな事がムフフフフ。(大袈裟過ぎw)
さぁ~て細かなパテ修正を終えて最終サフだ!って思うと見つかるのですよ。
どこかしら。。。あ、ここ忘れてたっよ!ってのが!もう少し続きますかね。。。
ジメジメなこの季節なのでジミジミな作業を暫く頑張ります。

何と!ちゃっかり43のGTAmも再開してますよ!
DSC_7838.jpg
難関?だったホイールをやっつけたので後は早いかも(笑)
エスパスは、、、もうちょっとまってて。。。w
いや、かなり待ってて。。。(爆)

おまけ。
とある日。仕事のバタバタも終わりポカっと時間が空いてしまい
梅雨の晴れ間だ!Vespaで散歩にでも出かけよう!と
ポコポコトコトコ目的も無く出かけた訳です。
何となく浅草方面へ向かっていたので、ついでにAMGTに寄ってみるか!と。
(↑在庫は増やさない宣言してる癖にw)
(↑いや~塗料をね。フィニッシャーズのパテの事も聞こうと思ってねw)
まぁ特に欲しい物も無く。欲しかったけど持っていない288GTOを発見。
再販の方は2200円。エンスーは1200円。
ん~~~だったらエンスー買うでしょ!漢なんだから!と手に取ったんですが。。。
チラっと横の棚(飛行機のラック)に縦に積まれた正方形の大きい車の箱。
な、なんだよコイツ!オレを見るなよ!!!と思いつつ
お店のK口氏に作り方のお話しを聞き、フムフム。なるほど。
では、それならと連れて帰る事にしました。288GTOは棚に戻して(笑)
連れて帰った物がコチラ。


じゃん。
DSC_7865.jpg
DSC_7866.jpg
キケンな雰囲気ムンムンです。
僕ごときに作る事が出来るんでしょうか?
それとも「ありゃ~それ買っちゃったのぉ~?byひろポンさん」な
地雷物件なんでしょうか?
金物はホワイトメタルでは無く鉄だそうです。
金ヤスリでバリ取ってピカールで研けば綺麗に出来ますよ!
と言ったK口氏の言葉を信じるしかありません。
(絶対そんな簡単じゃないハズ。それくらいわかってるゾw)

ま、既に同じメーカーのこんな地雷も踏んだままですが(爆)
(プラとメタルのサイズが全く合わんのですw)
DSC_7867.jpg
スポンサーサイト

| プラモデル | 14:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。