CLACCHO-MODELS

浅く広くの趣味のひとつ、古いヨーロッパ車を中心に作っています。

GUNZE HTM:Ferrari 250SWB改 competitione / FUJIMI:Ferrari 250GTO

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事件です。

と言うか。。。  絶句TOKYO。

先日、吐き出した言い訳のおかげで少しやる気になった訳です。
久しぶりに涼しかったし。

シールドゴムを再現するのにマスキングして、
フラットブラックの缶スプレーを吹きました。
若干、Rの辺りが漏れていたのですがまぁまぁの出来。
メタルルックを貼って、ギラギラ具合と多少の凸凹は
目をつむりながらも大旨満足。
0801-01.jpg
エンブレムの自作デカールも痛々しいんですが。。。まぁ雰囲気で。

さぁ、クリアパーツをはめ込みますか。
とリアウィンドーをはめ込んでみると。。。
バチっとハマりません。
とりあえず、下の方をGクリアで接着して乾燥してから
上の方をはめ込むかと。
乾燥後押し込みました。それほど力を入れたつもりはなかったのですが。

バキ。

・・・・・・・・・・・・・・。

今まで何度も折れた部分。
思わず変な声が出ちゃいました。
「ウゴゥワグっ!」北斗の拳みたいな声。

最後の最後にまたココかい。
しかもバラバラじゃん。
もげていないのは裏から洋白板を貼っているからです。
強度をあげることにはなりませんでしたね。


もう今となってはヘコタレマせんよ。
0801-02.jpg
クリアパーツの仮組ってものを忘れたました。
ボディを組んだ時は仮組すら知らなかったのですが。。。テヘ。

はいはい。ウィンドー外して
またくっつければ良いんでしょ。
0801-03.jpg
一生懸命貼ったメタルルックも剥がしてやりました。

0801-04.jpg
折角良い艶が出せてたんですけどね。。。
もう吹っ切れました。
ガタガタボロボロですけど、このまま進めます(笑)。

まだまだ色々ありそうですね。ププ。
スポンサーサイト

| プラモデル | 20:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

うう、見ている方も痛い・・・・

満足度の高い箇所であるだけに、トラブル時のショックは相当でしょうけど、何とか折れたパーツを上手く合わせてリカバリーできれば、と思います。
断面周りのベース材が粉砕されたような欠損がなければ、場所的にも目立たないのじゃないか、とも思いますし・・・
このリアカウル、赤の色合いといい、艶加減といい、グラマラスなボディが映える素晴らしい雰囲気。
是非、完成形を。

| Limahl | 2010/08/01 21:34 | URL |

私も仮組みをよくサボる(というよりほとんどしない)のでクリアパーツはドキドキする場合が多いです。プラの材質が硬いですしね。
でも研ぎ出しの艶バッチリじゃないですか!シャビシャビクリアってエアブラシの場合かなり薄めたものを噴くので、缶スプレーの場合は難しいのかな?と思っていたんですが、これコンパウンドだけですか?塗装自体が上手くいってるってことですね。

クリアパーツの方を少し削れば上手くいきそうですね。実は私のフジミの512BBもリアカウルの細い部分折れてます。裏から取り付けるパーツでそーっと押さえてる状態。大丈夫です。言わなければわかりません。完成後触らないように気をつけなければなりませんけどね。

| きよみ | 2010/08/01 22:24 | URL |

>Limahlさん
仮組って大事なんですね。特に地雷物件の場合。
もうこれだけ色々トラブル出ると開き直っちゃいますね。
多少パーツの欠けはありますが、瞬着で固めました。
クリアパーツを取り付けてから仕上げのリカバリーやってみます。

>きよみさん
シャビシャビクリアってエアブラシでのやり方だったんですか!?
これまた知らずに缶クリアをたっぷりかけていました。
垂れる事も多いですけど、上手く行けば僕的には満足。
クリアパーツの角を少し削って、サイズは合わせました。
(先にやっておけよ!)
本当にそっと押さえる感じで取り付ける事になりそうです。
リアカウルは取り付けるパーツがまだ色々あります。
気が抜けません(笑)。

| クラッチョ! | 2010/08/02 08:30 | URL |

>クラッチョ!様こんにちは。
いやはや、大変でしたね。
でも、皆さんが書いているように研ぎ出しも見事に成功していますね!
良いツヤが出ているだけに折れたのは惜しい。
最後のつじつまだけ合うようにすればOK(笑)だから、気にせず進めましょう。
※自分も手を進めねば…(恥)

| ひろポン | 2010/08/02 09:17 | URL |

クラッチョさま、ここが決まれば、あとはボディのウィンドウを合わせて、完成形が見えてきます。もう一息。
皆様がおっしゃるように、とてもいい雰囲気ですよ。
わたしもルマンクラシックの手触りがあるうちに、P4を作り始めました。
フジミで気になる部分をチェック。
なかなかいい感じになりそうです。

| ミゾロギ | 2010/08/02 09:59 | URL | ≫ EDIT

>ひろポンさん
もうお腹かかえて笑われたんじゃないでしょうか?
自分でもどんだけネタ振るんだろと思っちゃいます(笑)。
でもここまで来たらもう進めるしかありません。
どうしても納得がいかなければ、いつの日か同じキットを探してリベンジします!(爆)
ヒロの33なんて一生無理だなぁ。。。

>ミゾロギさん
やはり皆さんと同じレベルで仕上げようとしちゃ駄目ですね(笑)。
初心者だって事を完全に忘れていました。
当然ボディの仮組もしてませんからチリが合う筈がありません。
ガタガタな仕上りになると思いますが、このままのテンションで進めます!
P4参考にさせてもらいます!これまた楽しみだなぁ~。

| クラッチョ! | 2010/08/02 14:21 | URL |

クラッチョ様
この部分は何度も嫌な目にあっていますね。
パーツに欠損がなければ
この部分後回しにしてウインドウまず付けてみては。

ウインドウをエポキシで接着。ウインドウに合わせるように
バラバラのパーツをエポキシでまた接着。
エポキシはパーツの間埋めてくれるし、塗装面やクリアパーツも犯しません。
その後筆塗りで赤とつや消し黒塗って、裏から補強で洋白板を貼るなど。
完成はすぐそこ。プラモに失敗はありません。
がんばりましょう!

| たかとと | 2010/08/02 16:16 | URL |

>たかととさん
今回は負けませんよ(笑)。
と言うかもう完全に開き直りました。
どんどん進めて完成までもって行きますよ!
なんて言いながらこのリアカウル部分は
エッチングパーツ等まだ取り付けるパーツがあるので
油断は出来ませんが。。。
フロントガラスは慎重に接着しています。

| クラッチョ! | 2010/08/02 19:47 | URL |

いやぁ~、まいりましたねぇ。
でも、よくあることといえば、よくあること。
それと、プラの材質にもよりますね。
私も仮組みをさぼって、痛い目に会ったことがあります。
皆さんが仰っているように、色も艶も素晴らしい!
見事です。
メタルックとブラック塗装の部分のバランスも、
いいですよね。
でも、もう、最後のひと頑張りのところまで来ましたよね。
完成を楽しみにしています!!

| マスイ | 2010/08/04 21:20 | URL |

>マスイさん
プラの材質が悪いのかBlogにあげていない箇所でも色々折れています。
古いキットと言う事もあるのでしょうか。
ようやく先が見えて来ましたので、
ここからは慎重に作業を進めていきます。
しかし33はカッコイイですね。いくら見てても飽きません。

| クラッチョ! | 2010/08/05 16:17 | URL |















非公開コメント

http://clacho.blog9.fc2.com/tb.php/42-b03d9d21

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。